お米マイスターとは?

マイスター(MEISTER)は、ドイツ語で「巨匠・師匠」の意味です。
お米に関する専門職経験がある人のみに受験資格がある、いわば、お米の博士号とも言える資格です。

*お米マイスター

日本米穀小売商業組合連合会が主宰する資格。

お米に関する幅広い知識を持ち、の特性(品種特性、精米特性、ブレンド特 性、炊飯特性)を見極める事ができ、そのの特徴を生かした「商品作り」を行 いその米の良さを消費者との対話を通して伝えられる者とされ、「5ツ星お米マ イスター(知識試験+実技試験)」と「3ツ星お米マイスター(知識試験)」が 全国で活躍しています。

「お米マイスター 認定マーク」

*萬平商店の店主は、5ツ星お米マイスターの資格を取得しています。

以下のような取り組みをしています。

  • ごはんにまつわる情報を発信しています。
  • お米の生産者の産地情報とお客様の意見などを情報交換、よいお米づくりについて研究しています。
  • お米の専門家としてのレベルアップを目指し、お米、ごはん、商品づくりサービスなどの専門的な勉強会に出席しています。
  • お米マイスターの食育出前授業「お届け!ごはんパワー教室」 (日本米穀小売商業組合連合会 主催) では、 千葉市内の小学校を中心に食育出前授業を実施しています。
「お届け!ごはんパワー教室」

ごはん食を中心とした健康的な食生活と、“ごはん”の美味しさ、素晴らしさを多くの食卓にお届けしてゆきたいと考えています。

*雑穀エキスパート

日本雑穀協会の主宰する資格。

日本民族の食・文化の原点である雑穀について、特徴、栄養面、健康面などの基本的な知識を習得しています。

萬平商店の店主は、雑穀エキスパートも取得しています。
これらの知識を商品づくりに活かし、お客さまにお伝えすることに、努めていきます。